本文へ移動

現行)新開発技術

自動車照明用ランプのフォーカス曲面リフレクターのプレス加工化のための試作開発

深絞り技術を応用したプレス加工によるリフレクター
生産性・作業性、約40%向上!

コスト、最大約20%低減!

品質・性能、約20%向上!

質量、約10%低減!

開発の目的

現行品〜ダイカスト鋳造で製造されたリフレクター〜
自動車照明用フォグランプ、ヘッドランプに
使用される配光機能部品「リフレクター」は現在、
主にダイキャスト鋳造で製造されていますが、
高コスト、材料厚みによる重量負荷、
高輝度処理(アルミ蒸着)の歩留まりの低さ、
低生産性が課題となっており、ランプメーカーから
新たな製造法が求められていました。
そこで弊社では、深絞り技術を応用し、
リフレクターなどの複雑な3次元形状を
プレス加工で製造する技術を開発しました。



開発の効果

before
after

リフレクターは、通常アルミダイキャスト品が用いられますが、加工の特性上「ピンホール」
と呼ばれる小穴が多発してしまい、不良率が高いことや、板厚2ミリが限界と
されており、軽量化に不向きとされてきました。深絞り技術と3次元測定技術を融合することで
実現したプレス加工の場合、不良率が少なく、歩留まり率が飛躍的に改善されるほか、
板厚を0.6ミリ程度まで薄くすることができるため、大幅な軽量化が可能となりました。

従来品(ダイキャスト加工品)との比較

ダイキャスト鋳造とプレス加工の比較

開発の工程

開発の工程

本開発技術に関して

・本開発品が適用できそうな業界・機器・部位
・貴社で適用できそうな部位
・改良を加えれば適用できそうな部位
 がありましたら、お気軽にご連絡ください。
 

本試作開発品に関する資料もございます。
お求めの方はお問合せの際にその旨をお伝えください。
 
※本事業は、経済産業省 試作開発等支援事業 において実施しています。

株式会社  豊田技研
群馬県藤岡市白石2155番地
TEL.0274-40-7234

総務・営業:
Fax.0274-40-7118
品管:
Fax.0274-40-7117


1.自動車照明用部品
2.精密プレス金型設計製作

3.耐熱塗装
4.表面処理


4
2
6
8
1
7
TOPへ戻る